掃除はやらなければどんどんあとが大変になるだけです。見ないふりをしていたところがどんどん汚れてきていつの間にか手をつけたくない状態になっているということはありませんか?忙しい人でも一日10分、15分だけでも掃除する習慣をつけてみましょう。

まとめて掃除するよりも少しでも毎日するほうが家はきれいに保たれますし、快適にすごせるようになります。そのためには毎日やることを決め、それだけは実践するようにしましょう。

また、何かをしたついでに掃除する、というのもいい習慣です。例えば、以下のようなことを習慣にしてみてはいかがでしょうか。

拭き掃除をする女性

1洗面台の掃除
夜に歯を磨いた後、クロスでさっと鏡、洗面周りをふき、洗面台をスポンジで掃除する。これだけでも違います。水回りは1週間放っておくと、水垢やカビなどで結構汚れが目立ってきてしまいますよね?さっとふくだけで時間は5分もかからないはずです。

歯磨きの後の習慣にしてみましょう。近くにクロス、スポンジを置いておくと良いですよ。

2帰ってきたらささっと玄関をほうきで履く
帰宅したら、そのついでにささっとほうきで玄関を履いてしまいましょう。靴も自然に下駄箱にしまうようになります。朝出かける前でもいいでしょう。ささっと30秒履くだけでも違います。

3出かける前のトイレ掃除
トイレは毎日清潔に保ちたいものですね。トイレは掃除すると運気もアップするといいます。ぜひ毎日の習慣にしたいもの。朝、トイレを済ませたらトイレ掃除の習慣をつけましょう。

トイレ用クリーナーシートなどを活用し、トイレドアの取っ手→レバー→便座ふた→便座→便座裏、というような順序でひとおりさっと拭きます。

そのあと余裕があれば、トイレの中、床、壁などもふくと良いでしょう。5分くらいあれば便器の掃除はできるはず。